おまとめローン比較・審査・口コミ・評判

おまとめローン選び!【比較・審査・口コミ・評判】

近年、消費者金融のホームページには「おまとめローン」という文字が数多く見られるようになっています。おまとめローンは借り換えローンとも呼ばれていますが、現在利用している複数のカードローンの借入金をすべてまとめて別のローンに借り換えることで、借入金を一つにまとめるためのものです。

 

消費者金融の間でおまとめローンが積極的に扱われるようになったきっかけは、消費者金融の貸出が大きく減少したことにあります。貸金業法による総量規制が施行されて以来、消費者金融のカードローンにおける貸出が減少の一途を辿っています。

 

消費者金融においては、おまとめローンに貸出額の減少に歯止めを掛ける役割を期待しているのです。

おまとめローンは年収3分の1以上でも融資が可能!

また、おまとめローンは総量規制の例外規定である「利用者に一方的有利となる借り換え」に該当することから年収制限を受けないため、利用者の年収の3分の1を超える額の貸出ができることも取扱量の増加につながっています。

 

なお、おまとめローンを利用する上では事前に確認すべき点がいくつかあります。例えば、借入状況の把握です。「どのカードローンの金利は何%で、いくらの残高があるのか」、「どのカードローンには毎月いくらの返済をしているのか」、「毎月の収入からいくらの返済ならば余裕が出るのか」などを充分に把握していなければ、一つにまとめるための手段が取れません。

 

また、おまとめローンを利用する目的を明確にしなければなりません。「毎月の返済金額を少なくすることで、生活費にゆとりを持たせたいのか」、「先々のことを考えて、返済を少しでも早く終わらせたいのか」など、目的が決まっていないとおまとめローンの条件の設定ができません。

 

ちなみに、おまとめローンを利用せざるを得なくなった状況というのは、得てして利用者の意に反してカードローンが膨らんでしまったケースがほとんどです。それゆえ、おまとめローンは借入金を速やかに返済することで、元の健全な生活に戻ることを目的としています。だからこそ、「返済専用」のローンになっているのです。

おまとめローンのメリットとデメリットとは?

おまとめローンを利用する上で最も大きいメリットは、「金利の低下」と「管理の簡素化」の2つです。また、おまとめローンを利用することでカードローンの返済不能による債務整理を逃れることができれば、信用情報機関にブラックリストが登録されることも無く、信用に傷の付くことがありません。

 

「金利の低下」という点では、おまとめローンは複数の借入金をまとめる手段でもあるため、借入が高額になることから金利が低くなるのは当然のことでもあります。

 

例えば、消費者金融のカードローン3件から40万円ずつ借入をしていると、40万円の金利は通常18%であるため、18%の金利で120万円を借りていることになります。しかし、120万円を1件で借り入れれば金利は15%以下になります。銀行のおまとめローンであれば、さらに低い金利が見込めます。

 

金利が低くなれば当然利息が減ることになり、返済総額が減って月々の返済金額も減ることになります。

 

ただし、金利が減っただけでは毎月の返済金額が大幅に減ることはありません。おまとめローンの利用価値が高いのは返済期間を延長できた時であり、返済期間を2〜3年延ばせることで毎月の返済金額を楽にすることができます。

金利が下がることはメリットだが、追加借入ができなくなるのがデメリット!

しかし、そこで問題になるのが返済総額です。返済期間を延ばすと利息の支払いが増え、結果的に返済総額の増加につながります。従って、おまとめローンの利用においては金利が大幅に下がり、返済期間が増え、そして、返済総額が増えない時にメリットが生まれます。

 

一方、「管理の簡素化」という点では、従来複数の返済日や返済額の管理に神経をとがらせていたことが、一本化されることで管理が容易になり、ストレスが解消されます。また、借入先が1社になれば、返済のミスを起こす危険性も無くなります。

 

なお、おまとめローンのデメリットとしては、追加の借入ができないということがあります。おまとめローンはあくまでも返済を目的とするローンであり、契約書にも通常、他社からの借入禁止の条項が加えられます。従って、返済期間中に新たな借入をすると、おまとめローンの一括返済を要求されるようになります。